Keepの使い方(メモ帳に変わる簡単・多機能で便利な電子メモアプリ)

投稿者: | 2019年4月12日

一言でいうと「Google Keep」は、メモを取るのに、手放せないアプリです。

・「便利」、「簡単」、「多機能」で、使えば使うほど、このアプリの素晴らしさがわかります。

・管理人は、毎日利用しています。(メモは、新規入力、削除、更新)が、可能です。

<使用目的>

チョットした、メモや覚書を手書き入力でメモできる便利ツールです。

手書き入力の場合、100均のペンがあるとさらに便利です。

私は、首から下げて使っていました。

音声入力も、画像撮影もワンタッチで可能です。

私は、買い物メモや、アイデアメモとして活用しています。

定番の買い物、その日だけの買い物を自由自在に登録できます。

買い物中は、そのメモを見ながら買い物し、その日だけの買い物については、買い物かごに入れた時点でKeepから削除します。

そうすると、買い忘れが全くなくなり、買い物もスムーズに済みます。

要らなくなった、メモは、簡単に削除できます。

最初に驚いたのは、「保存ボタン」が無いことです!
Google のクラウドドキュメントとおなじです。

保存ボタンを押すという、ひと手間を省いています。

また、音声入力時は、音声で入力した内容が、音声認識機能で自動的にメモのタイトルになります。

これも、超便利な機能です。

<アイデアメモに最適>

チョットしたアイデアが浮かんだ時に、手書きでメモを取るのは面倒です。

しかし、Keepなら、音声でメモを取ることができるので煩わしさが全く、今ではアイデアメモは、これなしでは、考えられません。

思いついたアイデアは、その場ですぐに、記録できます。

いままで(Keepを使っていなかった頃)は、良いアイデアが浮かんでも、しばらくした後、忘れてしまい。

泣くことが、たくさんあります。

もちろん、説明の図を書いておきたければ、手書きで図を描けるので、半端なく便利です。

買い物で、奥さんに、これを買ってきてといわれた場合、その商品の

写真をパチリと撮るだけで買い物メモとして残せるので、こんな便利な機能を使わないのはもったいないです。

また、買い物途中で気になった商品のがあった場合、写真を撮っておいて、あとで奥さんと相談したり、インターネットで価格や機能を調べたりと、普段はできそうもないことがすごく簡単に実現できます。

<まとめ>

まさに、私にとっては、Google KEEPは「神ツール」です。

KEEPには、他にも便利な機能がたくさんありますが、自分で使ってみると良さがわかるのではと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)