常駐している使用しなくなったアプリを「×」以外で簡単に終了(消す)方法

投稿者: | 2019年4月12日

目的

スマートフォンで、一度起動してそのままにしておくと、常駐して電源を無駄に消費してしまいます。

また、アプリ一覧を表示した時も、不要となったアプリがたくさん出てくると、邪魔になったりします。

そこで、常駐が必要なアプリ以外を、「×」以外の操作で、簡単に終了(消す)方法をご紹介します。

そのアプリを終了(消す:非表示に)する方法

操作は、非常に簡単です。

通常は、アプリの右上に表示される「×」をタッチして消されていると思いますが、「タイトルバーを右にスワイプ」するだけでも、アプリの終了(消す:常駐解除)が可能です。

メリット

※スワイプとは、一般的には「画面をスッと指で動かす操作です。」

スワイプしてアプリを終了する方法は、「×」をタッチするより簡単確実に操作できます。

しかも、端末の性能や、アプリによっては、「×」が出るのが遅くて、待つのにイライラしたりします。

右にスワイプで消去する処理は、「×」が出る前でも可能です。

素早く、必要以外のアプリを消して(常駐を解除して)電池が消耗するのを少しでもおさえることで、当然、バッテリーが長持ちします!

まとめ

「アプリの右スワイプ」で「×」と同じ操作ができますので、素早くストレスなく常駐を解除して、電源のもちをよくしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)